どもる 原因 大人の場合の経緯と治療方法

大人でも 「どもる」人がいるのですが
どうしてなのでしょうか?

 

大人の場合では、
精神的なものが関係しているのでしょうか。

 

それと、大人のどもりって、
もう、なおらないのでしょうか。

 

 

「どもる」 原因【大人の場合】

 

大人の人で、「どもる」原因は、
幼少期の時分からの、

 

体質的(遺伝的)要因、

 

発達的要因、

 

環境要因などが影響して、「どもり」 を発症して、
そのまま、なおらずに成人にいたる場合が多いと考えられています。

 

 

 

 

また、大人になっての突発性のものとして

 

神経学的疾患や脳損傷などにより発症する場合や、
心的なストレスや外傷体験に続いて生じる場合があります。

 

たとえば、
子供の時、どもっていたことを
からかわれたことによるトラウマで、
大人になって再び、「どもり」 を引き起こす場合などがあるようです。

 

 

このように、「どもり」の原因や症状は
非常に多岐にわたるので、
いまだ、確立された治療法というものは存在しません。

 

 

ただ、軽減のためのメソッドなどは複数あるので、
環境や年齢によって利用できる治療や支援サービスが
いろいろあります。

 

 

ただ、先ほども述べているように
原因や症状がいろいろあるので、
どの取り組みが効果的かについては
人によって違いますし個人差もあります。

 

 

ですから、様々な治療法があるなかで
あなた自信にあったものでなければ意味がありません。

 

 

現時点では、
いまある、「どもり」専門の病院やカウンセリングや、
数種類あるテキストなど治療法を
試してみるしか改善させる方法はないようです。

 

 

テキストの中では、実践して満足できなければ、
返金をしてくれるサービスがついているテキストもありますので、
検討してみてはどうでしょうか。

 

たとえば、下のテキスト……。